concept works blog  profile contact

家造りに対する想い


家造りのこだわりって、間取り・デザイン・自然素材・性能… 人それぞれだけど、こだわった家造りをしたい人に共通して いるのは、夢が大きい反面、ビルダーに対する不安も大きいと いう事だと思います。

家造りって予算とか規則とか労力とか、 いろんな制限を受けるので、特に契約後は「それはできない」 ってたくさん言われるんですよね。その時に「できない理由」 じゃなくて、「できる事」を提案する様に心掛けています。

これってすごく手間のかかる事だけど、満足できる家造りっ て、いろんな希望を否定せずに「なぜそれをしたいのか?本当 に必要か?」を考えて、最終的にまとまった住空間として表現す る事だと思っています。
アトリエ悠に家造りを依頼される方って、家造りに対する想 いが強い方が多いと思います。そんな方に対して、しっかりそ の想いと向き合い、101%の家造りを実現したいと考えています。

悠が思う家造り


悠の家造りは、自然素材と職人さんで造る昔ながらの家造りです。
手間と時間はかかりますが、時間が経つにつれて、どんどん味が 出て、時間と共に家族の思い出が刻まれ、その家がどんどん好きに なって欲しいと思うからです。

今の家造りは、サイディングとか新建材と呼ばれる材料で作る家が主流です。
それはそれでいいと思うのですが、新建材はベニヤ板とか段ボールに 表面だけ化粧仕上げがしてある材料なので、時間が経つとボロボロに なります。また、傷がつくと芯材(ベニヤ板とか段ボール)が剥き出しに なってしまいます。

多くの人は、建てるお家に30年くらいは住み、35年くらい住宅ローンを 払い続けると思います。
その中で、ボロボロになっていくお家に住み続ける、お金を払い続ける 気力が続くでしょうか?

お家ができたばかりの時は、どちらでも感動はあると思います。

でも、長く住み続けるために、どういう家がいいか?
悠が、自然素材と職人さんで造る昔ながらの家造りを提案する理由です。


自然素材の家は高級住宅か?


現在、自然素材と職人で造る家造りは、もちろん高級住宅です。

それは、サイディングとか新建材は、手間をかけずに、また職人のレベルを 問わず一定の仕上がりを実現する材料で、それに比べて自然素材の家は 熟練した職人さんの手作りが基本となる為です。

昔は自然素材と職人で造る家造りが普通だったのに、今はそれが高級住宅 になってしまう理由は、サイディングとか新建材が市場価格の中心に 変化し、それに比べ手間ひまかかる本来の家造りは高価な物と位置付けられる ようになってしまったのだと思います。

でも、ちゃんとした材料と、熟練した職人さんでの家造りが本当の 家造りだと考え、そんな家造りをしたい人を応援するための会社です。


そんな家造りを実現するには?


悠は、そのような家造りを普通の価格で実現したいと考えています。
「子供を育てる為の家だから」「一番長い時間を過す場所だから」 自然素材の家に住みたい理由は様々だと思います。

せっかく大きな決断をして家を建てるのだから、それを任される会社は 本気で取り組まなければならいと思います。本気で建てさせてもらう家 だから、ずっと使って欲しいと思います。時間がたって、建物に思い出が 詰まって味が出て、そこで育った子供が、その子供を連れて帰ってくる。
そんな家造りを目指しています。

だから、そんな家造りを高級住宅にしたくありません。
材料と職人さんの費用を極限まで落としたローコスト住宅に価格は及びません。
ですが、普通の価格で実現する事で、そんな家造りを応援したいと考えています。